卒業

あの日から三ヵ月が過ぎました
ひと月が一年もの月日に感じながら貴方を追い求めてた
どうにもならない事はわかってても
振り向いてほしくて…

今まで言えなかった気持ちをメールにのせてた
貴方からのメールは付き合ってる人のことでいっぱいうめ尽くされて
それでもよかった
貴方の存在を感じられてたから…

貴方と過ごした時間を何度も回想し思い出を掻き集めてた
苦しみを深める思い出であっても…
淋しさに耐えられなくて涙した

いつまでも貴方を思っていたいけど
貴方から卒業することにします

蛍のような小さいひかりだけど未来への道しるべを見つけた気がします
それは私を照らしてくれるひかりなのかはわからない…

でも、未来を信じて新しい道を歩むことにします
貴方との思い出をハートにしまって…

さようなら
そしてありがとう

b0056526_932279.jpg【あとがき】
別れから3ヶ月経ちました。
この3ヶ月は本当に長くて辛い日を過ごしてました。
一時期はこの想いに耐えきれなくて死のうとまで考えました。
私は存在しない方が良いのではないかとさえ。
それくらい愛してたんだと自分でもびっくりするくらい…。
でも死ねませんでした。
周りの人たちの優しさがあったから。
上京してきて仲良くしてもらっているファミリー、ネットで知り合った人たち。
いつまでも弱いままじゃだめだって。
思い出に浸ってちゃだめだって。
出会いがあれば、別れもある。
一生この繰り返しかもしれないけど、少しずつ自分を成長させたい。
そして、生きていてよかったと思える未来の自分と会いたい。
【写真】
今朝会社に来る途中に駅の近くで撮りました。
とても天気の良い清々しいお日様。
このくらいのひかりに照らされたらどんなに幸せだろうか。
[PR]
by hydecolor | 2004-11-17 08:44 | 携帯カテ
<< 秋空 私。 >>