私が見ている物の色は昔色
モノトーンみたいなセピア色のような

今日の私は鮮明で透き通った色の世界の中
そして過去はセピア色に記憶されていく
1秒前の過去でさえ色褪せて…

あなたが見ている色
そして私が見ている色
色の名前はあれど二人の肌に感じる色は違ってる

暖かい?それとも深く透き通るような色?
同じ時間と同じ空間を共有する二人であるならば
その場その時に感じる色は似てくるものだろうか

私の色 あなたの色
パレットに落としてみる
ぎこちなく混ざり合う色も時を重ねるごとに馴染んでくゆく
心が溶け出すほど淡く綺麗な二人の新しい色が創り出される

あなた色に染まると言うことは
そういうことなのかもしれない
一人の色に染まるのでなく
新しい色へと変化する

そんな新しい色を求めて
人は染まりあう

あなた色に染まるのではなく
色を創り出すために
二人は心をよせあう
b0056526_7554623.jpg
[PR]
by hydecolor | 2005-01-28 02:55 | 想うこと
<< 風につつまれて 幸せをつかんで >>