無題

優しいだけの臆病なあなた
鏡に映る自分に問いかける
あなたの眼を見て語りかけても応えてくれない

それは自分でもわかってること
一歩踏み出せない自分へのもどかしさ
回想シーンが過去への決別を妨げ
気持ちが揺らぎ始める時
心に痛みが走る

子供のままの私はいつ旅立つのか
居心地のいい心が悲鳴を上げる
夢のない私が鏡の前に居た

私が変わらなければ何も変わらない
殻を脱ぎ捨て過去への呪縛を解き放とう
痛みを伴う事があろうとも…

大人の私をイメージして
未来への橋渡して行こう
立派なものじゃなくてもいい
未来へ確実に歩める橋を掛けて行こう

未来の私が頑張った過去を懐かしく思えるように
私が私でいられるように
鏡の中の私が微笑んだ
[PR]
by hydecolor | 2005-07-04 04:02 | 想うこと
<< 物語 霧の中のあなた >>