カテゴリ:想うこと( 22 )

風の波に揺れる心
波に任せて漂う想い
ただただ時を貪る自分がいる

いつか終わりがくる事を知りつつも
想いだけが呪縛から逃れられない

新たな未来の風を
見つけたい

いくら時がかかろうとも
いくら辛い想いをしてでも
[PR]
by hydecolor | 2007-09-28 03:49 | 想うこと

こころ

この体を支配する私の心
体朽ち果てるまでの一時の宿

光に包まれ
風に惑わされ
雨に流され

支配しているはずの体は
時に肌を恋しがり
体は心支配される

心と心が重なり
体と体は重なり
二つの心は一つの体を支配する

悪魔の心に支配されるまで
体朽ち果てるまで
永遠に繰り返される
[PR]
by hydecolor | 2005-12-08 03:06 | 想うこと

あなたからの手紙

あなたからもらった手紙を読み返す私
もらった時のあなたの気持ちがよみがえる
言葉で伝えることも返事を書くこともしなかったあの頃
あなたへの気持ちが伝わっているとばかり思ってた

中学生のころもらったいくつもの手紙を思い出す
好きだけど恥ずかしくて
気持ちを伝えることをしなかった

いつも折り紙を折るようにお織られた手紙が机に入れられて
びっしり書かれた手紙には
私の知らない人の名前が刻まれることも…
複雑な気持ちが交差した

今あなたへ返事を書いても
あなたが手紙を書いた時の気持ちは
もうないでしょうね
私があなたを好きだと言うことを

あなたと一緒に居ることで
がんばれたことを
あなたに感謝していたことを
こんな私につきあってくれてたことを
あなたと一緒にいられて幸せだったことを
[PR]
by hydecolor | 2005-11-07 01:53 | 想うこと

物語

この世に生をうけてから
この世を去るときまで
いろんな物語がいや応なしに
時とともに私を通り過ぎていく

人の数だけ愛おしく思える時があり
人の数だけ悲しみがあり
人の数だけ物語がある

それがこの世界に生まれた人の運命
生かされるより生きたいと思える人との巡り合わせだったり
人に流される巡り合わせだったり
うまくいかない気持ちが顔をのぞかせる

人を思う気持ちが
人に思われる気持ちが
どんなに素晴らしいことなのか
心張り裂ける

おおくは望まない
あなたが見せる笑顔があれば

おおくは望まない
あなたとの物語をつくれるのなら

心通う気持ちで
あなたとの物語をつくりたい
[PR]
by hydecolor | 2005-10-03 03:19 | 想うこと

無題

優しいだけの臆病なあなた
鏡に映る自分に問いかける
あなたの眼を見て語りかけても応えてくれない

それは自分でもわかってること
一歩踏み出せない自分へのもどかしさ
回想シーンが過去への決別を妨げ
気持ちが揺らぎ始める時
心に痛みが走る

子供のままの私はいつ旅立つのか
居心地のいい心が悲鳴を上げる
夢のない私が鏡の前に居た

私が変わらなければ何も変わらない
殻を脱ぎ捨て過去への呪縛を解き放とう
痛みを伴う事があろうとも…

大人の私をイメージして
未来への橋渡して行こう
立派なものじゃなくてもいい
未来へ確実に歩める橋を掛けて行こう

未来の私が頑張った過去を懐かしく思えるように
私が私でいられるように
鏡の中の私が微笑んだ
[PR]
by hydecolor | 2005-07-04 04:02 | 想うこと

霧の中のあなた

霧の中を幾体もの亡霊が彷徨うこの世界
なまじ肉体があるから真の姿を見ることが出来ない人々
心通わせる術はいくつでもあるのに
気づかないふりする人々
足早に霧を抜けようとすれど
暗く閉ざされた闇へと溶け込む私

あなたの息で吹き消して欲しい闇の世界
あなたの瞳で照らして欲しい心の闇
あなたの声で教えて欲しい光の世界

霧で見えないあなたでも
打てば響く心と心
霧何ぞ人を惑わす忌まわしい心

真のあなたを真の私を
この手でこの心で
通い合いたい
[PR]
by hydecolor | 2005-05-30 02:50 | 想うこと

my load

生きる道が見つからず
自分の影から逃げまどう
現実を直視する今の私
あなたはどうしたいの?と自分に聞いてみる
心と心を通い合わせる術を探し続ける
木もれ日の光の中から…

人と人との縁は嬉しくも悲しくもある
夏の宴のように儚く切なく
今まで過ごしてきた時間は幾つもの道を選んだ道
間違った道を歩んで来たなんて思わない
だって今の自分があるのは色んな道を歩いた結果だから
時には坂を上り坂を転げるちっぽけな石ころのように
振り返らず未来へ続く道は
まだ途切れなく続く
この身体がある限り
[PR]
by hydecolor | 2005-05-23 03:20 | 想うこと

ひかり

川の上に輝く月のように
一つの希望のひかりに
照らされたい

どんなに離れていても
どんなに切なくても
ひかりに照らされていたら
私はひかりに向かって歩き出すことが出来る

まだひかりを探し出せないけど
いつかきっと
私だけのひかりにいつまでも照らされ続けたい

その日がくるまで一眠りすることにしよう

b0056526_29362.jpgこれは去年(2004)の11月mixiに書いたもの。
左の自分で撮った写真を見て書いたものです。
ヤフーの、とある部屋のコーナーで読んでもらったものでもあります。
今だから載せてみようと思い、ブログに記してみます。
私を照らしてくれる光かどうかはわからないけど、少しだけ光がさしてきたかな、と思ったから・・・。
[PR]
by hydecolor | 2005-05-16 02:15 | 想うこと

苦しみの果てに

あなたの事が好きでたまらない
離れた気持ちを取り戻そうとしても
もう気持ちが無いことを感じていても
いくばくかの光があればと思って

胸が張り裂けそうな日々
キノコのような生活をおくり
あなたを想い続けて…

あなたに真剣に付き合おうと言った言葉に偽りはない
だけど愛する気持ちだけでは幸せに出来そうにない
ことばや仕草があなたを遠くに感じさせるから

あなたの本当の気持ちを知るまで
さよならするよ
今でもあなたを愛しているから
[PR]
by hydecolor | 2005-03-22 02:18 | 想うこと

風につつまれて

遠い記憶の中
いつも思っていた
梅雨時の少し曇った日の心地よい
肌を通り抜けるしっとりした風

何かあると思い出す
なんとも言えないふんわりとしたあの感覚
産声をあげたあの季節を思い出しているかのように…

四季のなかで一番好きな
夏に変わろうとしている季節
しっとりした風に躰をあずけると心落ち着く
癒やされている感覚に懐かしさをも感じてしまう

あの懐かしさを感じたいと年を重ねていく
いつまでも
いつまでも…

b0056526_2127749.jpg
浅草線のとある駅にあった菜の花。
昨日から置かれていたようですが、今日携帯電話のカメラで撮ってきました。
菜の花の香りが心を和ませてくれます。
[PR]
by hydecolor | 2005-02-21 21:56 | 想うこと